トップ  >  ガイドライン

 インターネットの教育利用に関する規程
                                        愛南町立一本松中学校
(目的)
第1条
このガイドラインは、インターネットの利用に関し、「愛南町立小中学校におけるインターネッ
トの教育利用に関するガイドライン」及び愛南町個人情報保護条例に基づき、適切な教育及び学習
活動を行うための基本的な遵守事項を示すことを目的とする。
(インターネット利用の基本)
第2条インターネット利用する際には、以下にかかげる事項を遵守する。
(1) 愛南町立小中学校におけるインターネットの教育利用に関するガイドラインに定められた事項
を遵守し、適切な活用を行うものとする。
(2) インターネットの利用は、生徒の情報活用能力の育成、指導上の資料収集や情報交換等、教育
の推進や向上を目的として行うものとする。
(主な利用形態)
第3条インターネットの主な利用形態は、次の各号に定めるものとする。
(1) 情報の検索及び収集
学習に関連する情報の検索及び収集を行う。
(2) 情報の発信
教育活動にかかわる情報を本校のホームページに掲載して発信する。
(3) 教材等の作成
文書や画像、映像を収集・加工して教材等を作成し、生徒の教育活動及び教員相互の
研修に活用する。
(4) 国内及び国際交流
ホームページや電子メール等により、国内及び海外の学校等との交流を行う。
(5) その他
校長が教育活動に必要であると認める利用
(発信する個人情報の取扱とその範囲)
第4条インターネットを利用して生徒の個人情報(特定の個人が識別され、又は識別され得
るものをいう。)を発信する場合は、愛南町個人情報保護条例を遵守するとともに、発信の必
要性、リスク等を説明した上で、本人及び保護者の同意をとり、教職員の指導の下に発信す
るものとする。
個人情報の発信に当たっては、教育活動に必要不可欠であると校長が認める場合に限るこ
ととし、個人の権利利益の侵害の防止を図るものとする。
2 インターネットで発信する個人情報の範囲と扱い方は、次の各号に定めるところによる。
(1) 氏名
生徒の作品等に付す場合など、原則としてフルネームは使用しない。ただし、教育活
動に必要がある場合は、フルネームを使用することも可とする。
(2) 写真等
生徒の写真については、個人が特定できないよう配慮する。
(3) 作品
生徒の作品等については、教育活動の過程において作成、製作されたもの、各種研究
会、発表会、展覧会等に応募されたものや発表されたものについて、教育活動に必要が
ある場合に限り使うことができる。
(4) 意見・主張等
生徒の意見、考え、主張等を発信する場合には、個人のプライバシーや基本的人権に
かかわる内容の取扱について十分に配慮する。
(5) その他の個人情報
国籍、思想・信条に関する情報及び住所、電話番号、生年月日、その他個人の生活状
況が明らかになるもの(職業、家族構成、成績、身体的特徴等)は、発信しないものと
する。
3 著作権の保護については、第三者の著作物をインターネットにより発信する場合、原則と
して著作者の許諾を得た上で、これを行うものとする。また生徒が作成した作品・情報等を
発信する場合は、保護者及び本人の同意に基づき発信するものとする。
(受信した情報の取扱)
第5条受信した個人情報の取扱は、次の各号に定めるところによる。
(1) 目的外利用の禁止
インターネットを利用して入手した情報については、適正な管理に努めるとともに教
育以外の目的に利用、提供又は複製してはならない。
(2) 著作権の保護
インターネットにより収集した情報については、著作権法及び関連法規を遵守し、適
正な利用を行う。
(ホームページの公開)
第6条本校のホームページについての責任は、校長が負うものとする。
2 本校のホームページを開設する場合は、愛南町立小中学校におけるインターネットの教育利用
に関するガイドライン第6条第2項に基づき、教育委員会に申請し、その許可を受けるものと
する。
3 ホームページに掲載する内容については、次の各号に留意しなければならない。
(1) 言語、表現方法等人権にかかわる表現に配慮しなければならない。
(2) 公序良俗に反し、個人・団体を誹謗、中傷、差別した内容であってはならない。
(3) 営利目的の内容であってはならない。
(4) 著作権や知的所有権を侵害してはならない。
(5) その他学校教育において望ましくない内容であってはならない。
4 校長は、教職員や生徒が情報をホームページに掲載する場合は、本ガイドラインに基づい
た適正な掲載内容であることを事前に確認する。
5 本校のホームページに掲載した情報について、問い合わせや指摘があった場合は、速やか
に適切な措置を講じなければならない。
6 本校のホームページに、他のホームページをリンクさせるときには、教育的効果を十分配
慮し、リンク先の承諾を得なければならない。
(使用された個人情報の破棄及び更新)
第7条教育活動の目的を達成するために使用されたインターネットで得た個人情報は、その
目的が達成された時点で確実に廃棄されなければならない。
ホームページ等に掲載された個人情報にあっては、その使用目的が達成されたか否かにか
かわらず、原則として年度末に廃棄又は更新するものとする。
(教師による指導の徹底)
第8条インターネットを利用する場合には、他人の中傷をしない、著作権、知的所有権に配
慮するなど、ネットワーク利用における基本的なモラルに留意するとともに、生徒が情報モ
ラルを身に付けるよう指導を徹底する。
2 生徒が所定の手順を経て発信するデータは、校内で集約し、指導に当たる教職員の確認を
経て外部に発信する。
3 インターネットの特性を考慮し、教育上有害な情報の取扱にかかわる指導を徹底する。
(取扱責任者)
第9条校長は、インターネットの利用の適正を図り、生徒及び関係者の個人情報保護、校内
システムの管理及びセキユリティに努めるため、校内に取扱責任者を置くものとする。
取扱責任者は、インターネットの適正利用を図るため、次の各号に定める事項を行うもの
とする。
(1) コンピュータ及びネットワークのセキュリティに努める。
(2) 個人情報など重要な情報の漏洩事故等が発生した場合には、重要な情報の保護の措置を
講じるとともに、漏洩の原因を追求し、漏洩事故の再発を防止する。
(3) 定期的に使用状況を把握し、使用状況の記録及び監視を行う。なお、校長は、インター
ネットの教育上の利用に関し、必要に応じてその適正な使用を図ることを目的として、校
内にインターネット利用にかかわる事項を協議する組織を置くことができる。
(インターネットの利用状況の報告)
第10条校長は、教育委員会の求めに応じて、インターネットの利用状況について報告しな
ければならない。
(研修)
第11条校長は、教職員に対し次の内容について、インターネットの利用、指導にかかわる
研修等を積極的に実施するとともに、インターネットの適正な利用に努めるものとする。
(1) 「愛南町個人情報保護条例」の内容に関すること。
(2) インターネット利用におけるプライバシー、個人情報、著作権等の保護に関すること。
(3) インターネット利用に関する倫理教育に関すること。
(4) インターネットを教育上利用するに当たって必要な管理、セキュリティに関すること。
(ガイドラインの見直し)
第12条学校教育におけるインターネット利用の進展に伴い、このガイドラインに示した事
項の見直しの必要が生じたときには、十分な検討を経て、基準の見直しを行うものとする。
付則
このガイドラインは、平成18年8月1日から施行する。

 
プリンタ用画面
カテゴリートップ
TOP